ホーム > 支部長挨拶

支部長挨拶

写真

先日の総会にてご再任いただき、1期2年の福岡県宅建協会博多支部の支部長を務めさせていただきます角田でございます。
さて先般、宅建業法が平成30年4月1日から改正されました。
これは不動産の売買の媒介時、賃貸の媒介契約書をいただく時に、建物の状況調査が出来る業者を紹介出来るかどうかと言う項目が入ります。
斡旋出来るかどうかと言う事ですけども、これが義務化されています。我々は、すべて福岡県宅建協会はもう8年前から福岡県と協調してインスペクション事業を周知・徹底させようと言う事で事業計画をやっていますし、予算化もしています。インスペクションには費用が掛かるのですけれど、費用に関しては福岡県が2分の1、協会が4分の1負担し、当面消費者の方々が負担を少なくしてインスペクションが出来るようにということをしております。
そう言った中で斡旋出来る業者を知らないにチェックをしますと業法違反になる可能性が出てきます。インスペクション事業と言うのが、法律で言うところの「建物の調査」と同等の評価をされると言う事が決まっています。
それと合わせて、売買契約の時の重要事項説明書にもこの該当物件が建物状況調査を為したものかどうかをチェックするところが出来ています。これも業法で決まった事ですから、それを説明しないと、業法違反と言う事で処分の対象になると言う事です今後もう始まっていますので十分気を付けて説明責任を果たしていただきたいと思います。
博多支部は昨年の末現在で680を超えまして、県の代議員会に出席出来る数も1名増えまして27名となり、今回新たに6名の新人の役員を選任する事ができました。非常に若返っているわけなのですけど大いに活躍していただいて、支部の運営・企画に協力してもらえたらと考えています。
最後になりますが今後とも会員の皆様方にお役立つセミナーや勉強会、会員相互の信頼を深める為の各種レクレーション等を企画していきます。会員の皆様のご意見に耳を傾けながら、少しでもお役に立つよう、会務運営心がけてまいりたいと思います。今度とも更なるご支援、ご協力を心からお願い申し上げます。

公益社団法人 福岡県宅地建物取引業協会 博多支部
支部長 角田 幸雄