ホーム > 支部長挨拶

支部長挨拶

写真

4月24日の支部総会にて支部長に再任いただきました角田でございます。
今年は春先から新型コロナウィルスが世界中で猛威を振るい、不要不急の外出を控えるようにと、国からの自粛勧告が出ている中、緊急事態宣言の真っただ中で委任状441通のご提出を頂き、総会を成立させることができました。また26名のご出席された会員の皆様方には、ここに改めてお礼申し上げます。
今期は支部に4名の新たな役員を迎え、支部事業も承認いただけましたが、セミナーやイベント事業の大幅な削減を余儀なくされております。
コロナ禍は東京オリンピックを延期させ、観光、運輸、宿泊業界を業績不振にし、不要不急の外出自粛要請は各企業の事業主、社員、消費者の行動を厳しく制限しております。いずれは鎮静化され、今までと変わりない生活に回復するとは思いますが、誰にもその明確な時期、スケジュール予想ができないことに、不安や恐怖を感じてしまいます。
不動産取引は大きな金額が動きます。テレワークだけで、一般消費者へ買う・借りる決断を促すことは困難を要します。
短期間(あるいは中・長期間)、一度疲弊した日本企業や国民の不動産の購入、賃借意欲の回復は? また中国に部品工場を置いていた日本企業の今後の動向は? グローバル化した世界経済状況化で中国や韓国・アメリカが今後日本に与える影響は?等々・・・・。
この新型ウィルス感染が日本で、福岡で拡大する中で、私共の業界にどのような影響を与えるのか? 与えたのか?会員の皆様方の忌憚ないご意見を拝聴しながら、協会として皆様方に、どのような提案や支援ができるのかを模索していく1年となることを、支部役員一同の共通認識にしたいと、思っております。

公益社団法人 福岡県宅地建物取引業協会 博多支部
支部長 角田 幸雄